「読んでみよう」と思わせる!メール作成のポイント

タイトルと書き出しが最重要

メールを読む時に一番のポイントになるのが、メールを見た瞬間に読みたいと思うかどうかです。メールの種類にもよりますが、タイトルはメールが届いた人の目に入る確率が高いです。そうなると、タイトルで読んでみようと思わないと、メールを開くことはないでしょう。そんな重要なファクターとなるタイトルはキャッチコピーのようなフレーズを入れるといいです。興味をひくフレーズというのはそんなに多くないですので、自分が思わず読んでしまうようなタイトルを考えると読んでもらえるようになります。もう一つ大事なのが書き出しです。タイトルでメールを開いてもらえても、書き出しでしくじってしまうと後の文章を読んでもらえることはないでしょう。書き出しも後の文章に興味を持ってもらえるようにうまく誘導するものにするといいです。

メールは短い文章と分かりやすい言葉で作る

タイトルでメールを開いてもらい書き出しでも成功しても、メールがだらだらと長い文章だと読んでもらえないことがあります。メールですので、文字が多いというだけで読んでもらえないこともあるのです。その点は一文を短くすることで解消しましょう。短文をつなげて、伝える方法がメールの作成方法としてあります。一文が長いと読むのに疲れるという人が多いので、短く文を区切って最後まで文章を読んでもらえるようにします。短い文を読んでいたら、いつの間にか全部読んでしまうということは日常生活でもあります。同じようにメールでも短文をつなげる方法は有効なのです。また、誰にでも伝わる言葉というものがあります。分かりやすい言葉を使うとみんなが読める文章になります。分かりやすい言葉で短く区切る文章を心がけましょう。